熟女と体験したい|エスエムプレーが好きな主婦変態セックス

熟女と体験したいサイトの掲示板でエスエムプレー好きな主婦と変態セックス人妻変態はSMに興味があって会うことになった。35歳の熟女主婦の性は抑えきれずに、旦那とは一度も経験したことのないエクスタシーを初めて感じた。不倫がばれないように下着を着けないで電車に乗る。

 

彼は待ち合わせをするときは下着を着けずにブラジャーも付けてはいけないという、できるだけ体の線が分かるような洋服を着てくるようにと言う、それなのにまた彼に会いたくなって出かけてしまう自分の主婦の性に驚いている。

 

彼は私の顔を自分の股間に引き寄せ、むせ返る異臭で目を開くといつの間にかジッパーを引き下げ彼の股間から引き出された巨大なペニスが私の顔のすぐそばでヒクヒクと脈打っていました。

 

「さぁ!厭らしい奥様、ご主人様に奉仕するんだよ」その浴びせられた言葉は、完全に私を支配する、まさにご主人様でした。私は彼のひょう変ぶりに戸惑い自分が哀れなペットに扱われていることにひどく興奮しました。

 

ペットならそうするだろうというように舌をのばして彼の、その根元を赤黒くペニスの大きく張った先端をすっぽりと口に含みました。

 

彼は一瞬「ううう〜」と心地よさそうな声を洩らしましたが、すかさず「舐めるだけじゃだめだ。自分のオマ○コをいじりながらしなさい」というのです。

 

私は彼のものを口にしたまま右手で、自分のオマ○コをッキュチュクチュといじりました。私がこんなに濡れていることに自分でも驚くほどの愛液であふれていました。

 

もともと私は濡れない方だと思い込んでいたのですが指先でいじっただけで熱い体液が溢れて流れている状態でした。

 

「この熱いミルクはご褒美であげようね」彼はいきなり私の顔を両手でつかむと腰を前後に動かしてきました。

 

無我夢中で彼のペニスを咥えている私は突然口や喉を彼の太いもので、突かれて息がつまって咽そうになりました。

 

あまりの苦しさに彼の足に爪を立て逃げようとしましたが彼はますます激しく私の口にペニスを突っこんでくるのです。

 

「きっとこのままでは私の口に発射させるするつもりなんだわ」そう気づいても、もうどうする事も出来ませんでした。私は本来フェラチオの経験も少なく、ましてや男性のそれを口で受けることになるなんかなかったのです。

 

でも今の私は見知らぬ男性のペニスをしゃぶる淫やらしい雌犬なので飲むしかないのかと思った。

 

その瞬間彼がもうも「うう・・」と短く呟き私の口に突っ込まれた陰茎の先端から熱くたぎるザーメンが勢いよく私の喉もとに向かって発射されました。

 

その熱くて生臭く、量の多さに息がつまるそうになりました。それを必死に飲み下し相当頑張っていました。

 

大半の精液をのみましたがとりわけ大きな塊をのみくだした時、私は咳き込んでしまいました。

 

鼻の中にまで生臭い液が入り込み涙で私の顔に彼は無言でペニスをこすりつけるのです。

 

「なんてみっともない顔をしているんだ、もっと汚してやろう」粘っこいものを顔面に陰茎をなすりつけ私の顔はべとべとになりました。

 

私はシャワーを浴びてきれいに身支度して何食わぬ顔で下着も着けずに電車に乗って家に帰ります。

 

【35歳 麻里奈 佐賀県】
熟女と体験したい,エスエムプレー,主婦 変態,変態セックス

 

TOP戻る⇒不倫相手募集※女の不倫は近所出会いでHな事する不倫方法熟女と体験したい,エスエムプレー,主婦 変態,変態セックス